函館 南北海道の通販 お取り寄せギフトサイト 送料 のし無料 -道南地元市場

つくり手の想い。あなたに届けます

地元に住む私たちが、函館と近郊南北海道(道南)の美味しいものや特産品など生産している「つくり手」さんを訪問し、取材をしながらご紹介する新感覚型ショッピングサイトです。地域の隠れた逸品を全国にお届けします!

函館市

函館市

北海道の玄関口に位置し、人口は札幌市、旭川市に次ぐ道南最大の都市です。地域ブランド調査では全国で最も魅力的な街として選ばれ続け、観光地としても有名です。

函館市

函館市

北海道の玄関口に位置し、人口は札幌市、旭川市に次ぐ道南最大の都市です。地域ブランド調査では全国で最も魅力的な街として選ばれ続け、観光地としても有名です。

北斗市

北斗市

漁が盛んな上磯町と平野が広がる稲作地帯大野町が合併して2006年、道内35番目の市として誕生しました。道南では函館市に次ぐ都市で、ホッキ貝を代表とした魚介類から、特産品マルメロやお米などの産地としても有名です。

七飯町

七飯町

函館市の隣町、日本新三景にも選ばれた「大沼国定公園」をはじめ自然環境に恵まれた地として観光客に人気の町です。西洋農業発祥の地として、町中にリンゴやプルーンといった果樹が点在する農業も豊かな町です。

黒松内町

黒松内町

札幌市と函館市のぼぼ中間に位置し、国の天然記念物「自生北限の歌才ブナ林」が町のシンボルとなっている自然豊かな町です。酪農王国としても有名で、乳牛を中心に馬鈴薯といった畑作も行われています。ここでとれた食品はまさに大地の恵みといえます。

森町

森町

北海道の南西部に位置する森町。噴火湾の入り口に面しており、背には北海道の名峰駒ヶ岳を望む風光明美な農業と漁業の両方が盛んな町です。

八雲町

八雲町

日本海と太平洋を日本で唯一両方持つ道南最大の面積を持つ札幌市と函館市のほぼ中間に位置しています。それゆえ水産業はもちろんのこと、昔から酪農業が盛んな、食の宝庫としても有名です。

奥尻町

奥尻町

日本海に浮かぶ奥尻島は、昔から「宝の島」「夢の島」呼ばれる、自然豊かな海の幸の宝庫の島です。夏には道外からも多くの観光客が訪れます。平成26年から始まった奥尻ムーンライトマラソンは、自然残る海岸線の景色と月灯りやイカ釣り漁船の漁火を楽しむことができるマラソンです。

長万部町

長万部町

毛ガニで有名な長万部。噴火湾の最奥部に位置し比較的雪の少ない温暖な気候が特徴で、漁業や酪農が盛んな町です。札幌と函館の中間に位置するこの町は毎年多くのドライバーが立ち寄る憩いの場所となっています。

札幌市

札幌市

北海道の県庁所在地でもある道内最大規模の都市です。北海道経済の中心としてだけでなく、毎年多くの観光客が押し寄せています。日本一大きなキャベツ札幌大球や幻の玉ねぎ札幌黄など在来種も豊富な畑作が盛んな地域です。

せたな町

せたな町

道南の北西部に位置し、北部には狩場山、南西部に日本海、中心部には清流日本一の河川後志利別川が流れています。自然の厳しい環境で採れる「食の幸」でいっぱいです。豊かな自然から生まれる四季折々の山海の幸が楽しめます。アワビやウニ、昆布、ホタテ、ホッケ、ホウレンソウ、アスパラガス、黒豆、男爵ジャガイモ、黒豆、ソバなどなど、挙げたらきりがないほどの食材の宝庫です。

今金町

今金町

町名の由来は、初期の開拓者である今村藤次郎と金森石郎の名字から付けられました。60%は高台地であり酪農振興によって畜産が盛んに行われ、丘陵地帯は畑作と酪農で南北海道の食料基地として躍進しています。今金町では有名な「今金男爵」の他にもグルメ、特産品、観光スポット、祭りなど様々な楽しみが盛りだくさんです。

乙部町

乙部町

乙部岳の懐に抱かれた清涼な水が湧き出る乙部町は、日本海の幸と源泉かけ流しの名湯が自慢の「海・山・川」の自然が循環する町です。漁業のほか、農業では、イネ、食用百合根、ジャガイモ、イチゴ、ブロッコリー、黒千石大豆といった作物が盛んに栽培されています。

江差町

江差町

平成元年度にスタートした『歴史を生かすまちづくり事業』により平成16年11月に『いにしえ街道』としての街なみが大きく変化しました。新鮮な海の幸の宝庫、江差。獲れたてのイカ・ウニ・アワビなどの魚介類や手をかけた昆布などの海藻類を、町内各店それぞれの趣向でお楽しみいただけます。

厚沢部町

厚沢部町

北海道南西部,渡島半島に位置し、地名はアイヌ語のハチャムベツ (桜鳥川の意) に由来しています。面積の8割以上を森林が占め、ヒバや五葉松の北限の地であるほか、トドマツの南限地でもあり、南北の植物の両方が自生する学術的にも貴重な地域となっています。初夏を迎えると厚沢部町の大地は、メークインの花々に彩られます。古くから農業の営みが続けられてきた厚沢部町では、現在も、農業を基幹産業として安で良質な農産物づくりに取り組んでいます。

上ノ国町

上ノ国町

この町名の由来は、かつて 15世紀ごろ、渡島半島の日本海側は「上ノ国」, 太平洋側は「下の国」と呼ばれていて、その後北方交易の拠点としてこの地が栄え、「上ノ国」の地名のみが残ったと言われています。北海道の中でも歴史ある町です。北海道最古のお寺、「上國寺本堂」もあります。

松前町

松前町

白神岬の絶景、折戸浜・小浜の海岸景勝など、海岸線は変化に富んだ景観を有し、オオミズナギドリの繁殖地として知られる渡島大島、ケイマフリなどの繁殖地である松前小島とともに、松前・矢越道立自然公園に指定されています。北海道では唯一の城下町。松前のシンボル松前城と全国屈指の桜の名所としても有名です。新鮮な海の幸の宝庫でもあり、イカ・ウニ・アワビなどの魚介類を、町内各店でお楽しみいただけます。

福島町

福島町

北海道の渡島半島の南西部に位置し、北には道南の秀峰大千軒岳がそびえ、南は紺碧の津軽海峡に面した町です。北海道の中では、対馬暖流の影響により年間を通じて比較的温暖な気候に恵まれています。津軽海峡に面していることから、自然的・資源的条件を生かした漁業と水産加工業が盛んです。生産量日本上位の生産量を誇る「するめ」や「昆布」のほか、「黒米」、「横綱しいたけ」などの農産物の知名度も向上しています。

知内町

知内町

東側の津軽海峡に面して平野や段丘地が広がり、三方を山岳に囲まれた山川草木や動物に恵まれている所です。町のほぼ中央を知内川が流れ、その流域は農地とし、集落はこの流域や津軽海峡にそそぐ小河川の周囲に分布しています。寒流と暖流が入り交じる津軽海峡は豊かな漁業資源に恵まれた海。天然の鮭やマコガレイ、栽培技術の確立したカキ、ホタテなど常に新鮮な魚介類が獲られています。知内川流域の肥沃な大地は近隣都市への野菜供給基地と言えるほどで、特に「にら」などは全国シェアの産地銘柄商品へと育ち始めています。

木古内町

木古内町

"木古内は海や山などの豊かな自然に恵まれ、歴史の風情がいっぱいの町です。北の大地と津軽の海に育まれた海と山と太陽の恵みを受け、ホタテやかき、つぶ、アワビなど絶品の食が勢ぞろいです。

鹿部町

鹿部町

基幹産業が漁業で町内には大小3つの漁港があります。海産物としては、通年でタコ、カレイ、ホッケが水揚げされる他、サクラマス、昆布、ナマコなど漁も盛んで、特に冬場は主産業となっているタラコの原料スケソウダラ漁と、ホタテの水揚げが浜を賑わしています。また、中心となる鹿部川には、放流した鮭が遡上します。温泉も多く町内には30箇所以上の泉源があり、中でも全国でも珍しい間歇泉のある町です。

   
 
 
 

道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です

食材から探す