新米 ゆめぴりか 10kg(5kg×2袋)
北海道北斗産
≪販売元≫相馬農園
 
≪発送日目安≫1週間程度
 
≪賞味期限≫1ヶ月程度

もちもちとした食感と甘みの強さが特徴の『ゆめぴりか』。今年も新米が美味しく出来上がりました!


つくり手様紹介

相馬農園:相馬 誠朗さん
北海道農業発祥の地である北斗市(大野町)。この地で代々農業を営む相馬農園で家業として子供の時から米作りに関わってきたという相馬さん、お父さんと二人三脚での米作りを30年以上続けている。
相馬農園では、1990年代後半から米販売の自由化を見据え、早期から販売許可を取得し直接販売を行ってきた。そんな挑戦を続けるお父さんの背中を見てきた相馬さんも負けじと色々な挑戦を続けている。「湛水直播栽培」という水田に直接種をまいていく栽培方法に力を入れているのだ。「美味い米」を作ろうと・・・ 詳細はこちら




知名度も実力も北海道米の最高峰『ゆめぴりか』
「ゆめぴりか」は北海道で生まれた新しいお米です。北海道は新潟と並ぶ米作地帯ながら、厳しい寒さから美味しいお米を作るには適さない土地とされてきました。その北海道の念願である 「日本一おいしいお米を」という北海道民の「ゆめ」と、アイヌ語で美しいを意味する「ぴりか」を合わせて「ゆめぴりか」 と名付けられました。

2009年から市場に出回り始めたお米ですが、日本穀物検定協会が毎年行っている「 米の食味ランキング」では「ゆめぴりか」は 6年連続で最高評価の「特A」 を獲得するなど発売から数年しか経ってないにもかかわらず人気となっています。
またANAのファーストクラスの食事に採用されたり高級料亭などにも使われているというお米です。 「ななつぼし」「ふっくりんこ」と並んで 道産ブランド米として多くの方に好まれています。





「湛水(たんすい)直播栽培」で生まれる美味しいお米づくり
相馬農園がいち早くお米作りに取り入れたのが、 「湛水(たんすい)直播栽培」 という方法です。一般的な稲作は 「移植栽培」 と言われる、苗になるまで別の場所で育ててから水田に移植し栽培します。対して 「湛水(たんすい)直播栽培」 とは、 水田に直接種をまいてい栽培方法です。

相馬農園では試行錯誤を繰り返しながら もっとも美味しくできあがるお米づくり を目指し「湛水(たんすい)直播栽培」を採用しました。
「ゆめぴりか」「ななつぼし」はこの方法で生産し、平成28年度米からは「ふっくりんこ」も試験 栽培を行い、味の仕上がりも上々だそうです。





「ゆめぴりか」のおいしさの秘密
お米の味を決める大事な要素として 「アミロース含有量」「タンパク質含有量」 があります。 アミロースはでんぷんの分子で 低いほど粘り が出てきます。タンパク質含有量は米の硬さに影響し、 少ないほど米は柔らかく なります。

「ゆめぴりか」はこの 「アミロース含有量」「タンパク質含有量」共に低く、柔らかく強い粘りがある 米となります。 豊かな甘みがありながらクセのないゆめぴりかは、どんな料理とも相性が良いのが特徴です。味の濃いおかずとの相性も良く、濃い味を和やかにしつつもお米の味が消えません。しっかりとした甘みのある「ゆめぴりか」だからこそです。また強い粘り気と柔らかさが特徴のゆめぴりかは、 冷めてもその美味しさを保ちます ので、 おにぎり には特にオススメします!炊きあがりにつやがあり、柔らかい仕上がりとなります。
強い粘り気と柔らかさから、 もちもち とした食感が生まれてきているのです!





とにかくうまい!!それだけです。
相馬農園さんの、炊きたて「新米ゆめぴりか」でつくった「おにぎり」を図々しくもいただいちゃいました(上の写真)。
見てください、この 色とツヤ! お米が立っていて、口に入れると「ゆめぴりか」特有の 粘りと香り が立ち込め、噛んでいくほどに驚くほど 甘み に変わっていきます。これは 幸せ〜
ついでにお母さんご自慢の「にしん漬け」、手作り味噌の「お味噌汁」を頂き、「ゆめぴりか」に合う究極のおかずを体験しました。皆さんのご家庭にも北海道北斗産、相馬農園の「ゆめぴりか」をお届けいたします!





徹底した温度・湿度管理のもと新鮮なお米をお届けします!
相馬農園では、 大きな業務用保管庫 をもっており、 お米の鮮度 を保つため 温度・湿度管理 を徹底しています。 寒い冬も暑い夏も温度・湿度を一定 に保ち、お米が 「生きたまま冬眠した」 状態で保管しています。
もちろん精米したお米は 発送する直前 まで低温貯蔵し、 生きたまま の美味しいお米を届けているのです! 安心して美味しいお米を届けるために努力は惜しみません。


美味しい炊き方
1.「お米の保存方法」
お米は湿気や乾燥に弱い ので密閉できるプラスチック容器での保管が望ましいです。 虫が付く事も防いでくれます。
冷蔵庫での保管がベストですが、難しい場合は日の当たらない涼しい場所にしましょう。
お米に賞味期限は特にありませんが、 精米した後は味が落ちていきます。 概ね一ヶ月程度を目安にしてください。
そのためできる限り精米直後の米を買うと良いです。袋には精米日が記載されていますので買うときは確認してください。



2.「お米の洗い方」
昔は「研ぐ」の名の通り、米と米をこすり合わせ研磨する様に洗っていました。
これは、表面にある糠を取るためです。糠には油分が多く含まれていて水で洗うだけでは取れなかったのです。
今は精米技術が発達し、糠もほとんど取り除かれているため、 やさしく表面を洗うだけで良くなってます。
逆に強く研いで米が割れてしまうと、お米の成分が水に溶け出してしまい、炊いたときにべチャっとなってしまいます。
ごはんがふっくら炊けないな・・ と感じてる方は、お米の洗う力を少し抜いてみると良いかもしれません。


3.「水をたっぷり吸わせましょう」
これがとっても大切な事なのですが、炊く前にお米にたっぷり吸水させます。
水を吸わせる事で米が柔らかくなり、内部まで熱が伝わりやすくなるのです。
2時間程度置いておくのが望ましいですが、時間が無いなら30分程度でも十分効果はあります。
なお、一度水に浸した米を水の外に出すのは止めましょう。乾燥してヒビが入ってしまいます。



4.「炊き上がったら」
炊き上がったら蒸らします。時間は10分程度で良いです。
その後、しゃもじで全体を混ぜ合わせます。米粒を潰さないようにやさしく混ぜましょう。
混ぜることでお米全体の水分を飛ばすことができ、ほどよい硬さになります。


5.「余ったごはんの保存」
炊飯器での保存は5時間程度が限度です。
長時間熱を加える事で、でんぷんが老化したり水分が飛んだりして劣化していきます。
ごはんが余りそうとなったら早めに冷凍保存をしましょう。
1食分ずつラップに包みます。冷凍時間を短くするために平べったくしてください。
食べるときには電子レンジの解凍を使わず、凍ったまま一気に加熱しましょう。水を少量かけてから加熱してください。





この店舗の商品


◆商品内容◆
新米 北海道産ゆめぴりか 10kg(5kg×2袋)(送料込)

原材料 : 精米
保存方法 : 直射日光の当たらない涼しい場所で保管
賞味期限 : 1ヶ月程度
発送日目安 : 1週間程度
生産者 : 相馬農園

《新米予約受付》-北海道産『ゆめぴりか』10kg(5kg×2袋)(送料込) -北斗市 相馬農園
型番 sy02
販売価格

6,300円(税込)

在庫数 在庫数 29袋
購入数
了承します
販売価格は商品代金と当店指定の送料を含んだ税込価格となっております。

四国・九州への配送は販売価格+500円

※送料を別途頂いております

沖縄・離島への配送は現在行っておりません。
    FAX注文はこちら











道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です。
出店ご希望される方はこちら

食材から探す