ヱビスパック
北海道函館市昭和


ヱビスパックのつくり手紹介ページ
北海道土産の定番 いかめしやとうもろこしの真空パック製品の元祖

ヱビスパック

昭和50年代後半の工場の様子

先代である対馬正明さんは、東京築地にある食品メーカー勤務を経て昭和43年、29歳の時に函館に戻り、「対馬商店」を開業しました。主に函館の海産物を使った珍味や、のしイカといった乾燥加工や製造を行ってきました。。
昭和50年代に入ると、周囲よりもいち早く真空パック設備を導入しました。その時、世に送り出したのが真空パックのとうもろこしといかめしです。現在ではお土産店やスーパーでも目にすることが多いこれらの商品、実はヱビスパックが日本で初めて製造した元祖なのです。
とうもろこしは捥ぎたてが一番美味しいですし、いかめしを作るには大変手間がかかるもの、消費者が美味しいものを手軽に食べられるようにと開発した商品が今では様々なところで目にする定番商品となりました。

ヱビスパック

ヱビスパック

日本で初めてヱビスパックが販売した真空パックいかめしととうもろこし
パッケージは創業当時のもの

「いかめし」に無限の可能性を見い出す
いかめしは古くから函館を中心とした道南地域の人々に愛されてきた郷土料理です。
創業者のお袋の味への強い思い入れもあり、いかめしの製造を始めた大きな理由の一つだったそうです。

ヱビスパック

いかめし製造へのこだわりを説明してくれる製造部長の対馬正彦さん

長年培ってきた秘伝の自家製タレを守り続けることはとても重要なことです。その一方で、素材や味付けを工夫することで「いかめし」が持つ可能性が無限大に広がります。
玄米を使用したり、松前漬けで炊き込んだご飯を入れたり、化学調味料に頼らない味づくりをしたり様々な試作を作ってきました。非効率的な部分もありますが、こうした柔軟な発想を持ってトライし続けています。
「いかめし」の技術を生かした新商品の開発
魚離れが進む現代では焼き魚は小骨など骨が面倒と懸念されつつあります。
身体に良いと言われている魚を食べていただくために、長い年月をかけて培ってきた、いかめし製造のノウハウを活かして新しい挑戦ができないかと考えました。

ヱビスパック

ヱビスパック

平成最後に誕生した魚めしシリーズ

そこで誕生したのがさんまとイワシの腹の中にご飯を詰めた「魚めし」です。小さなお子さんや若い方でも飽きのこないように味付けはあえて薄めにして、圧力釜で調理することで骨まで柔らかく丸ごと食べられるようにしました。

「昭和の時代に真空パックのいかめしが誕生し」
「平成最後の年に魚めしが生まれ」
「令和の時代にも新しい商品を開発していきたいです。」
 




ギャラリー
 

 

ヱビスパック

工場での製造の様子

ヱビスパック

工場での製造の様子

ヱビスパック

いかめしの原料となる国産のイカ

ヱビスパック

生姜を入れて炊き込んだいかめしや魚めしのご飯

 

 

ヱビスパック

現在販売しているいかめし

ヱビスパック

販売していた化粧箱入のいかごはん

ヱビスパック

現在は販売していない甘酢いか

ヱビスパック

ヱビスパックの社屋工場

 

 

店舗情報

2019.11.20・・・生産者紹介に掲載しました。
   
店舗詳細
 
名称 株式会社ヱビスパック
住所 〒041-0812
北海道函館市昭和3丁目23番6号
営業時間 8:30~17:00
定休日 土日祝日
発送可能日 営業日
備考 -

道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です。
出店ご希望される方はこちら

食材から探す