株式会社丸心
北海道函館市西桔梗


つくり手様紹介

株式会社 丸心 工場長

函館で塩辛や松前漬けなどを作っている丸心さん。函館の新鮮なイカを使った商品や、ほっけ、にしんといった北海道ならではの魚介類を使った商品を数多く作っている。この丸心で工場長として現場を指揮しながら、美味しい商品づくりを続けている田中さん。なんと田中さんはイカマイスターの認定資格を持っており、言わばイカのスペシャリストだ。
場内を指揮・管理する一方で、新商品の開発も自身で行っているという、周りも口を揃えて言うほどの多忙ぶり。そんな様子を微塵も感じさせず、笑顔で取材に答えてくれた。新商品が次々出される丸心では、自分達でアイデアを出すだけでなく、特にお客様からのリクエストや要望を参考にしながら新しい味を生み出しているそうだ。常にお客さん目線で商品開発を行う姿勢が丸心の美味しい珍味づくりの原点なのだろう。
田中さんに会社のこと、スタッフのことをお聞きした。「従業員みんな家族のような存在です」。中には何十年のキャリアを持つパートさんも多くいるそうで、笑顔溢れる家族のような関係こそが良いチーム力を生み出し、そして毎日の食卓に地域で愛される丸心の味を提供し続けているのだ。田中さんの笑顔がそれを語ってくれた。



北海道の海産物で作るこだわりの商品

丸心の松前漬け3種詰め合わせ

丸心の松前漬け3種詰め合わせ

丸心では地元函館や北海道の海産物を使い、函館定番のいかの塩辛や松前漬けから、鰊の酢漬け、北海道の新鮮な魚を使った商品など30種類以上の商品を作っています。
北海道内をはじめ、全国に販売されて、地元の方なら必ず一度は目にした商品ばかりが作られています。長年にわたり、地域の食卓に欠かせないものとして愛され続けてきました。

函館にある丸心株式会社の建物の外観

数十名のスタッフが働く工場内での作業

稼働中の工場を見学させてもらいました

作業現場をお邪魔するとフロアが1階と2階に分かれて、原料加工、味付けからパッキングまで数十名のスタッフがライン作業で行っていました。 そのスケールと作業効率に驚くばかりでしたが、フロア内は珍味の美味しそうな香りが充満し、終始ヨダレがとまりませんでした...
丸心の「イカマイスター」がつくる生珍味
イカマイスターとは、函館水産物マイスター養成協議会が地域振興の取り組みとして認定している言わばイカのプロフェッショナルです。イカについての生態や知識はもちろん、イカの生産・流通・加工・販売・料理法に至るまでのすべてを熟知しているのが「イカマイスター」なのです。 函館市では「市の魚」にも指定されているほど函館をあげる代表的な水産物です。

丸心では、2名のイカマイスターが中心となって、イカの加工品の商品開発を行っています。食感はや風味、美味しい味を出すためにイカマイスターの知恵・知識が欠かせないのだとか。たえず進化を遂げる丸心。今後も新しい新商品が楽しみです!

イカマイスター認定書

イカマイスター認定書

丸心の塩辛づくりを説明してくれました

丸心の塩辛づくりを説明してくれました

ギャラリー

 

 

場内の様子

場内の様子

にしんの酢漬け

にしんの酢漬け

真っ赤なエビ

真っ赤なエビ

ひとつひとつ手作業で

ひとつひとつ手作業で

 

 

炊きたて新米

炊きたて新米

梱包作業

梱包作業

山わさび入り するめいか醤油漬

山わさび入り するめいか醤油漬

いか塩辛と山わさび醤油漬

いか塩辛と山わさび醤油漬

 

 





店舗情報
2018.10.16・・・「おとなの週末」ご飯のお供ランキング第4位となり紙面・WEBでご紹介されました。
2018.04.15・・・「男子ごはん」に「ほっけの切込み」がご紹介されました。
2017.02.25・・・『山わさび入り するめいか醤油漬』を新発売しました。
2017.02.25・・・『いか塩辛 飲兵衛(のんべぇ)』を新発売しました。
   
店舗詳細


名称 株式会社 丸心
住所 〒041-0824
北海道函館市西桔梗町9番地2
営業時間 09:00〜17:00
定休日 水曜(市場に応じて)、日曜・祝日
発送可能日 営業日
備考 -

道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です。
出店ご希望される方はこちら

食材から探す