とうふ処みうら
北海道寿都郡黒松内黒松内町


つくり手様紹介

とうふ処みうら代表:三浦義也さん

奥様と二人三脚で黒松内町でこだわりの豆腐作りを行っている。 三浦さんが33歳の時に脱サラし、埼玉県で5年間有機農業の研修を受け、平成4年に新規就農として黒松内町に移住し、農業をスタートした。 はじめはこの地の積雪量と日照時間の少なさにとても苦労したそうだ。 お隣の米どころ蘭越町の半分の日照時間、積雪量はパウダースノーで有名なニセコ町並みに多いという。 就農した当時からいつかは生産・加工・販売を行っていきたいという強い想いがあり、その時に自分が栽培したこだわりの大豆を使って美味しい豆腐が作れないだろうかと思っていた。 2,3年の研究の結果、2001年にとうふ処みうらとしてスタートし、その間に試行錯誤を繰り返し、今の「おからが出ない大豆まるごとの製法」に行きついた。 いつも「雪ぼうず」をいただいてくれるお客さまのために、美味しさの追求はこだわり続けている。 とうふ処みうらはこれからも地域の代表する豆腐屋として、全国のファンの皆さまに「雪ぼうず」を毎日届けているのだ。



苦労の連続・・・そして行きついた製法!

豆腐処みうら

広がる大豆畑

奥様と二人三脚で黒松内町でこだわりの豆腐作りを行っている。
はじめはこの地の積雪量と日照時間の少なさにとても苦労したそうだ。
お隣の米処蘭越町の半分の日照時間、積雪量はパウダースノーで有名なニセコ町並みに多いという。

製造の様子

とうふ処みうらの店舗と製造の様子

試行錯誤の結果、大豆まるごと豆腐の製法に行き着いた!
しかし現在でも日々最適な製造・方法を研究し、最高の豆腐を提供しているのだ。

出来立ての豆腐を切り分ける

出来立ての豆腐を切り分ける

皇室献上・北のハイグレード食品に選定されるブランド力

2014年北のハイグレード食品+に認定

2014年北のハイグレード食品+に認定

とうふ処みうらでは数年前に皇室献上した経験もあり、北海道に訪問の際に天皇陛下がお召しになったほど、 その美味しさは天下一品です。
また「 2014年北のハイグレード食品+ 」にも選定され、 北海道内外で活躍する食の専門家をも認める美味しさなのです。

雪ぼうず

試行錯誤の完成した雪ぼうずは全国にファンがいる

三浦さんご夫婦

とうふ処みうらの三浦さんご夫婦

ギャラリー

 

 

水田発祥の地北斗市

水田発祥の地北斗市

稲刈りの様子

稲刈りの様子

刈り取ったお米

刈り取ったお米

やっぱりご飯とお味噌汁

やっぱりご飯とお味噌汁

 

 

テレビ局取材中の様子

テレビ局取材中の様子

一面に広がる大豆畑

一面に広がる大豆畑

大豆の花

大豆の花

三浦夫婦のツーショット

三浦夫婦のツーショット

 

 


この店舗の商品


店舗情報
2016.12.12・・・年末年始は12月31日~翌年1月6日まで休業になります。
2016.10.03・・・大豆まるごと豆腐「雪ぼうず」の販売が開始しました。
   
店舗詳細


名称 とうふ処みうら
住所 〒048-0136
北海道寿都郡黒松内黒松内町字赤井川5番地
営業時間 10:00〜18:00
定休日 木曜日/祝日
発送可能日 定休日以外
備考 -

道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です。
出店ご希望される方はこちら

食材から探す