石黒商店
北海道函館市昭和


つくり手様紹介

(株)石黒商店 代表:石黒 孝一さん

函館で甘納豆を作り続けて25年以上のベテラン職人の石黒孝一さん。石黒商店の歴史は昭和23年に遡る。創業者である石黒さんのお父さんが雑穀(豆類)問屋として創業したのが始まりで、昭和44年には製あん業もはじめ事業を拡大してきた。
そんな石黒商店が甘納豆づくりを始めたのは平成元年。時代とともに豆の卸先であった甘納豆店が減少していく中で、函館市内で最後の1店が無くなりかけたとき、「この地域から甘納豆を無くしたくない」という強い想いでその店を引き継ぐことを決めたのだそうだ。 初めは教えられた通りに作っていたのだが、「美味しい」と思える甘納豆づくりに試行錯誤を繰り返し現在の味になっている。
ここまでの道のりは簡単なものじゃなかった。失敗の連続。その度に経験と感性を磨き続けてきた。常に豆の状態や時期、水分含量を感覚で感じながら品質の高い美味い甘納豆を作っている。「豆はいきもの、その日の豆の状態によっても、種類によっても全然違う。人間もみんな違うからそれと一緒だよ。」と笑って話せるのは、これまで数十種もの甘納豆をつくり、幾度とない失敗を経験に変え、技術を上げてきた石黒さんだからなのだろう。



他では味わえない究極の甘納豆
石黒商店の甘納豆は柔らかく甘すぎないのが特徴で、賞味期限が14日と他の一般的な甘納豆と比べるとかなり短い。それは無添加・無着色で作っている事もあるが、一番は甘納豆の「味」にこだわっているから。通常甘納豆は、水分量を極力減らし、さらに砂糖をふんだんに使うことでカビの発生を防ぎ、を保つことができる。

石黒商店では、それよりも食べた時の食感や味に究極にこだわっている。 「自分で食べたいと思うか。人に食べさせたいと思えるか。」を常に考えながら作っている石黒さん。石黒商店の甘納豆はどれももっちりとした豆の食感とそれに最も合う優しい甘さが強く感じられた。

店内の様子

店内の様子

名物たまふくら枝豆の甘納豆

名物たまふくら枝豆の甘納豆

25年以上のベテランだから出せる味
石黒さん自ら手作業で手間を惜しまず甘納豆づくりを行っている。豆を水に漬けて1日置き、翌日釜で4時間かけて炊き上げる。さらに砂糖を溶かした蜜に数日間漬け込みながら段階的に豆の糖度を上げていく。最後に釜から取り出した豆に砂糖をまぶし1日乾燥させて仕上げていく。この手間と時間のかかる工程に職人技が光っている。

その日の天気や湿度、季節、新豆の状態や種類によって、茹で時間や温度少しづつ変化させ、もっとも美味しい状態に作り込んでいく。一緒に取材させていただいた石黒さんの奥様が「絶対にこの人にしか作れない。マニュアルはこの人の頭の中にしかないのよ。経験と感覚だけでやっているから」と話してくれた。

職人ワザが繰り出す甘納豆づくり

職人ワザが繰り出す甘納豆づくり

工場内の様子

工場内の様子





ギャラリー

 
 

石黒商店の女将さん

石黒商店の女将さん

 
 
 

白花豆の花み餅

白花豆の花み餅

 
 
 

黒千石甘納豆

黒千石甘納豆

 

お多福

お多福甘納豆

 

あずき

小豆の甘納豆

白花豆

白花豆の甘納豆

いちの豆

絶品いちの豆

石黒商店外観の様子

石黒商店外観の様子

 
店舗情報

2017.04.25・・・5/9,10日は休業日となります。4/27~5/8は営業します。
2017.04.18・・・『いちの豆3袋セット』『いちの豆6袋セット』を新発売しました。
2017.02.04・・・『たま福来セット』『甘納豆ギフトセット』を新発売しました。
   
店舗詳細


店舗名 石黒商店
住所 〒041-0812
北海道函館市昭和2丁目11番2号
営業時間 9:30−17:30
定休日 水曜日
備考  

道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です

食材から探す