健隆丸 佐々木
北海道茅部森町


つくり手様紹介

健隆丸 船長:佐々木 実 さん

噴火湾の入り口にあり、背には名峰駒ヶ岳を擁する北海道森町に生まれ育った佐々木さん。それまでは建設業や家具職人をしていたが、35歳の頃に家業のホタテ漁師を継ぐことを決めた。漁師歴30年以上のベテランだ。船の名前は息子さんの名前の一部をもらって健隆丸と名付けた。それ以来相棒健隆丸と共に毎朝漁へ向かっている。
「噴火湾のホタテは一番うまい!ホタテだけじゃないよ、魚も本当にうまいね!」そう笑顔で話してくれた佐々木さん。漁師の人は意外と魚をあまり食べないという話を聞いたことがあったが、そんなことはなかった。肉やラーメンより自分で獲った魚が一番美味しく、毎日食べるほどの魚好きだった。
この道30年以上のベテラン漁師の佐々木さんだが、そろそろ世代交代の時期に来ているという。「本当は早く息子に任せて引退したいけど、まだまだ任せれないな」とまだまだ一線で活躍する佐々木さんは健隆丸と今日も沖へ出るのだ。



噴火湾と駒ヶ岳の恵みを受ける森町
北海道の南西部に位置する森町。噴火湾の入り口に面しており、背には北海道の名峰駒ヶ岳を望む風光明美な農業と漁業の両方が盛んな町です。

山から流れる澄み切った伏流水と肥沃な大地は農園に適していると同時に、豊かな漁場を育んでくれます。肥沃な大地を流れる川は栄養分と共に噴火湾に流れ込み、豊かな漁場を作り出してくれるのです。

船から見る駒ケ岳の風景

船から見る駒ケ岳の風景

停留中の健隆丸

停留中の健隆丸

ブランド帆立「噴火湾産活ホタテ」
森町を始めとする噴火湾では昔からホタテや鮭漁が盛んで、佐々木さんも1年を通して「桁引き漁」や「定置網漁」を行い、9月から12月は鮭の定置網漁、そして12月から3月にかけてはホタテの養殖が最盛期を迎える。

山、川からの栄養豊富な川水が溜まる噴火湾では、良質なプランクトンがとても多く、身がしまった甘いホタテが育つのです。

夜明けとともに漁が始まります

夜明けとともに漁が始まります

揚げたばかりの噴火湾産ホタテ

揚げたばかりの噴火湾産ホタテ



ギャラリー

 
 

帆立貝の研磨の様子

帆立貝の研磨の様子

 
 
 

取材中その場で頂いたホタテ

取材中その場で頂いたホタテ

 
 
 

美味しくて涙がこぼれます。。

美味しくて涙がこぼれます。。

 

笑顔が素敵な佐々木さん

笑顔が素敵な佐々木さん

 

静かな海岸

静かな海岸

手作りの「鮭トバ」

手作りの「鮭トバ」

鉄板のバター焼き

鉄板のバター焼き

プリップリの貝柱

プリップリの貝柱

 
店舗情報

2016.11.21・・・店舗情報に掲載されました。

店舗詳細


店舗名 健隆丸 佐々木
住所 〒049-2323
北海道茅部郡森町字鳥崎160
営業時間 -
定休日 -
発送可能日 -
備考 -

道南のつくり手たち

お客様に美味しい商品をお届けするために
たゆまぬ努力で生産・製造しているつくり手の方々です

食材から探す